『筋膜性疼痛症候群』専門 『施術室 しまだ』

腰痛 (問題) でお困りの方へ

『痛みのない快適な生活』を取り戻しましょう!

『筋膜性疼痛症候群』専門

※ 完全予約制・お一人さま施術

※ 土・日は16時まで / 水・金は21時まで 受付

※交通事故(自賠責保険)にも対応

 

椎間板ヘルニア または 脊柱管狭窄症との診断を受け

 

できれば、手術は受けたくないとお考えの方

 

手術を受けたが、期待する結果が得られずに(FBSS※)お困りの方

FBSS:脊椎手術後疼痛症候群 (failed back surgery syndrome)

 

 

こんな常識を信じていませんか…?

 

腰痛は、年齢のせいだ。

 

腰痛は、一生治らない。

 

腰が痛いのは、ヘルニア・狭窄症 だからだ。

 

腰痛や脚のしびれは、神経が圧迫されているからだ。

 

腰痛が治るまでは、安静にしていなければならない。

 

腰痛を治すには、強い薬や注射、手術が必要だ。

 

腰痛を根本的に治すには、手術しかない。

 

 

じつは

これらはすべて、役に立たない常識でした。

 

               

 

 

『腰痛(問題)を解決するためのカウンセリング と しまだの施術』

 

腰痛問題を解決するためには

 

腰痛を正しく理解して

 

腰痛に対する間違った思い込みを修正すること

 

が不可欠です。

 

『 認知行動療法 と しまだの施術 』

 

 認知行動療法とは

誤った認識を正しい知識で修正する「認知療法」

できることを増やしていく「行動療法」

I l

「認知行動療法」

               

 

ご予約は

 

お電話 042-430-1282 📲 または オンライン予約 D081F1C3-ED8B-47BF-8906-3009D2684F9B.jpeg から

 

新規『腰痛(問題)を改善するためのカウンセリング と しまだの施術』

 

               

 

 

腰痛になって、脚が痛くなったりしびれたりして、病院で画像検査をしてもらった結果

 

「椎間板ヘルニアです。」または「脊柱管狭窄症です。」と構造の異常を指摘されて

 

ご自身のからだ(腰)に不安や恐怖心を抱かない人はいません。

 

でも、もしそれらが原因ではなかったら?

 ー 整体等での 「背骨のずれ、骨盤のゆがみ」などは論外です ー

 

fullsizeoutput_1af7.jpeg

 

このレントゲンは、私が過去に施術をさせていただいた方たちのものです。

この中には、腰痛の方もそうでない方もいますが、どなたが腰痛なのかは(私以外)誰にもわかりません。

慢性腰痛に対する画像診断とはそういうものです。

 

               

 

 

腰痛問題を解決するため不可欠なことは、腰痛(背骨や骨盤)の事実を知ることです。

 

そして

 

その事実にもとづいて、あなたに必要な施術や治療をうけることです。

 

 

『腰痛(背骨や骨盤)の事実』を知れば

 

腰痛に対する考え方が変わり、不安や恐怖心がなくなります。

 

痛みに対する考え方を変えると、痛みを変えることができるのです。

 

                

 

 

近年、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、分離症やすべり症、変形性脊椎症などの背骨の異常(*外傷と特異的疾患以外)と痛みやしびれなどの症状は関係がないことがはっきりしてきましたが、現代医学では(様々な事情から…)今でもレントゲンやMRIなどでみられる異常所見を症状の原因ととらえています。

 

老化や構造といった、もう元には戻らない変化が痛みやしびれの原因ですよと説明した方が、思うように改善がみられない慢性痛に対しては説得力のあるものになりますし、治療(お薬や時として手術)に対する理解と同意が得られやすいこともその背景にあるのだと思います。

 

                

 

 

世界中で慢性腰痛の原因の研究がおこなわれた結果、慢性的な腰痛を改善するためには 腰痛に対する間違った思い込みを修正する必要がある ことがあきらかとなり、これは腰痛治療における 世界の『最新対策』とされています。

 

                

 

 

腰痛問題を解決するためには、取り組み方があります。今までのように『腰の治療をしていれば、いつしか治る(だろう)』ではなかったのです。

何十年と伝統的におこなわれてきた『牽引やコルセットに効果がない』ことは、周知の事実です。

 

               

 


【腰痛ー事実とフィクションを区別する】

 

オーストラリア Curtin University

Peter O'Sullivan 教授の動画

 

 

                

 

【わたしの腰部MRIです】

 

7326684E-4193-40AF-8AC5-AFB995AC4524.png

 

私の腰椎でも、ほとんどの人に存在しているいわゆる「異常所見」が見つかります。MRIを撮れば、90%の人で椎間板は変性しています。

そして45%の人が私のように膨隆・突出(ヘルニア)していますが、私も、腰痛も脚のしびれもありません。

 

今から 25年以上も前(1995年)の国際腰痛学会 D081F1C3-ED8B-47BF-8906-3009D2684F9B.jpeg  でも、健常者の 76%ヘルニアが見つかっている という研究が発表されています。

 

腰痛は、ゴッドハンドに治してもらうのではありません。

腰痛問題を解決するためには、腰痛を正しく理解したうえで、あなたに必要な施術を受けることです。

正しく理解しただけで、腰痛問題が解決する方もいます。

 

               

 E6BB6E58-DB18-4543-B5F6-DB5D96EAB66F.jpeg

2F619A53-9975-4033-912D-4EE806E07346.jpeg

 

 

ご予約は

042-430-1282 📲

または

 24時間 オンライン予約から

7E7F3B6C-EC8D-413B-8164-2DED50E5DC84.jpeg