『筋膜性疼痛症候群』専門 『施術室 しまだ』

🔰はじめての方へ(1)

『筋膜性疼痛症候群』専門

お一人さま施術 / 完全予約制

慢性的な肩こりや腰痛をはじめ、頭痛やめまい、四十肩や変形性膝関節症と言われている関節周囲の痛み、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症(+坐骨神経痛)と診断されるもの =『筋膜性疼痛症候群(筋膜と自律神経のトラブル)』に対して、お一人おひとりとじっくり向き合いながら、独自の『ファッシャル・ワーク(筋膜治療)』をおこなっています。

施術室 しまだは、お一人さま施術のため予約制となっております。

ご希望の日時を、お電話 042-430-1282 または ※オンライン予約 からお申し込みください。

施術中は留守番電話での対応となります。後ほど、こちらからおかけ直しいたしますので、お名前をメッセージに残してください。

※オンライン予約からのお申し込みには、ホットペッパービューティの 会員登録 が必要です。

 

初回はご説明に時間を要す場合がありますので、お時間に余裕のある日時で予約をお取りください。

今までの経緯をお聴きしながら、筋膜性疼痛について、施術の内容と期待できる効果などをわかりやすくご説明いたします。

 

施術着はこちらにご用意してありますので、お持ちいただく必要はありません。

ぎっくり腰などでお着替えが困難な場合は、上下ともにスエットなどの柔らかい生地の服装でいらしてください。

スカートや丈の短いショートパンツ、動きに制限がかかるようなタイトなパンツ、ガードルやボディスーツなどの補正下着を着たままで、施術をおこなうことはできません。

 

 

81747ED7-83E6-4721-9BF9-84628286C818.jpeg

 

 

 

筋膜性疼痛症候群を改善にみちびくためには、相応の期間と継続した施術が必要となります。

期間は人によってことなりますが、施術を受けるペースは以下を参考にしてください。

数ヶ月あるいは数年にわたって慢性的に症状が続いている方は『週2回のペースで1〜2ヶ月間』または『週1回のペースで2〜4ヶ月間』を予定してください。

その後は、症状の改善に応じてペースを調整していきますが、相応の期間と継続した施術が必要であることをご理解いただいたうえ、お申し込みください。

 

 

お問い合わせ

お問い合わせは 042-430-1282 または ãŠå•ã„合わせフォーム からお願いいたします。

メールの返信にはお時間がかかる場合がございますので、お急ぎの場合はお電話にてお願いいたします。

お問い合わせからのご予約はできませんので、ご了承ください。

 

 

 

※あなたが腰や背中の痛みでお困りでも、以下の『レッドフラッグ:危険信号』の複数に該当する場合は『重篤な脊椎疾患(腫瘍、炎症、骨折など)』が疑われますので、すぐに病院を受診してください。

 

『レッドフラッグ:危険信号』

・年齢が20歳以下または50歳以上

・時間や活動に関係のない腰痛、楽な時(姿勢)がない

・絶え間ない夜間の激痛、横になっていても痛みが悪化する

・原因不明の体重減少

・持続性の発熱:発熱が48時間以上続いている

・理学療法や投薬、鍼灸、整体、マッサージなどを受けても改善しない:痛みが4〜6週間続いている

・胸部痛:胸の痛み

・がんの病歴

・ステロイド剤や免疫抑制剤の使用、HIV感染の既往:免疫不全の状態

・違法薬物による静脈注射の濫用歴

・排尿排便障害:尿失禁または尿が出ない、便失禁

・自転車のサドルに触れる(肛門や会陰部)部分の感覚低下:麻痺

 

 

 

 

はじめての方へ(2) / 施術者紹介 / ç­‹è†œæ€§ç–¼ç—›ç—‡å€™ç¾¤ã¨ã¯ / しまだの施術 / è²»ç”¨

 

 

 

ご予約は

 

042-430-1282

 

または

 

 24時間 ã‚ªãƒ³ãƒ©ã‚¤ãƒ³äºˆç´„ から

7E7F3B6C-EC8D-413B-8164-2DED50E5DC84.jpeg

 

 

 å½“サイト内の全ての画像・内容・コンテンツの著作権は施術室しまだに帰属します。

無断転載、無断転用することは禁止致します。